外国語の通訳は焦るタイプの人間は向かない

PR|大阪梅田で英会話スクールなら|

外国語の通訳をする前は、やっぱり緊張してしまいます。そりゃあ本職が外国語の通訳者であるならば、こなれた者でしょうけれど、こちらは普段は時々英語の翻訳仕事はするものの、英会話となると電話の応対ぐらいですからね。外国語の通訳となると、反応速度が違いますからですから焦ってしまうんです。

 

外国語の通訳では焦ってしまうような人間は向かないとは思うのです。私はもともと人前で話すことが苦手な上に、結構テンパってしまうタイプの人間です。ですから英語の翻訳はできるものの外国語の通訳となれば、「向かないなー」とは思いますね。

 

それでも会社内でしたら、英語はできる方ですから外国語の通訳となると私が呼ばれていくわけですが。とは言いましても、商談における通訳をするわけではなく、あくまで外国人も参加するイベントでの通訳をお願いされる程度ですが。しかしそれでも、自分のプライベートでの参加ではなくお金をもらっての外国語の通訳ですから、その点においても緊張しますよ。

 

ただネイティブ並みのレベルがなくても英語での通訳は可能です。私のレベルは日常会話程度だと思いますが、それでも恥をかいたことはないのです。おそらくニュアンスを伝えるまでのレベルには達していないのだと思いますが、とりあえず相手に伝えるという最低限のことはクリアできていたのです。また、推測ですが、私が外国人であることを理解しているため、英語のネイティブスピーカーもそれを踏まえて笑わずにいてくれたり、多少おかしなことがあってもわざわざ会話の場面で訂正したりはしなかったのだと思います。たとえ英語のレベルを上げたいと思っていても、通訳中に訂正が何度も入ると会話はなかなかスムーズに進みませんからね。

 

だから、成り行きで通訳をすることになったとしても、そこまで構える必要はないと思います。日本人だって、外国人がちょこっと日本語を話すと「すごーい!」と言います。日本人が英語をそこそこ話せるのなんてもっともっとすごいことです。

PR|女性向けエステ.com|住宅リフォーム総合情報|生命保険の選び方|お小遣いNET|内職 アルバイト|英語上達の秘訣|マッサージのリアル口コミ.com|工務店向け集客ノウハウ|お家の見直ししま専科|新築一戸建てを建てる時に読むサイト|マーケティング経営研究.net|英会話ノウハウ勉強会|ダイエットチャレンジ100日